テーマ 花・酒

29 清明 杜牧  紫陽花支部

30 菊花 白居易  悠々支部

31 山中にて幽人と対酌す 李白  紫陽花支部

33 東城 趙孟頫  筧風支部

34 城東の莊に宴す 崔敏堂  渚支部

35 験なき 大伴旅人  国際村支部

36 楊柳枝詞 劉禹錫  幸和支部

37 白菊の花をよめる 凡河内 躬恒  やよい支部

38 薄隋風 香川景樹  朋翔支部

40 摂州路上 頼山陽  相洋支部

41 春日村行 木村岳風  真澄支部

42 客中行 李白  東伏見支部

43 涼州詞 王輸  渚支部

44 芳野に遊ぶ 頼杏坪  やよい支部

45 岐阜竹杖 森春濤  相洋支部

46 画眉鳥 欧陽脩  瀞朗支部

47 結婚祝いの詩 加藤擁軒  一色支部

48 酔うて祝融峰を下る 朱 熹  酔吟支部

49 朝顔に 千代女  鶏頭の 子規  真澄支部 連吟

50 酒 若山牧水  瀞朗支部

52 春日山懐古 大槻磐渓  紫陽花支部

舞 一色支部 上野花岳

54 春望 杜甫  滝の坂支部

55 俳句二題 花の雲 芭蕉  世の中は 蓼太  常任理事 森 弘岳

56 弘道館にて梅花を賞す 徳川家斉  常任理事 根岸岳世

57 春夜 蘇軾  紫陽花支部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。